白髪、うねり、くせ毛、パサつき、薄毛・・・
髪の悩みの改善はコチラをクリック!

⇒必見!女性の髪の悩み原因と5つの対策!

前下がりショートボブ、刈り上げ女子にお勧めツーブロック10選

 

最近はやりの前下りショートボブ

その中でも2010年代に入ってから、

密かに人気のツーブロック

 

ツーブロックと言えば、以前は、男性専用のスタイルと言われてきましたが、

ショートスタイルに取り入れる女子が増えてきました。

 

そんな刈り上げツーブロックに相性がいいのが、

前下りショートボブ。

 

今回は、そんな刈り上げ女子に注目の、

ツーブロックを見ていきましょう。

			
スポンサードリンク


前下りショートボブにツーブロックが相性がいい理由

 


出典:www.sbs.com.au

 

万能のショートヘアと言われる、

前下りショートボブ

 

年齢は小学生から50代まで幅広く似合い、

顔型は選ばず、カワイイ系からモード系まで

幅広く応用の利く髪型になっていますね。

 

以前は、サイドを刈り上げることは、

女性の中では、不人気でしたが、

最近の人気のおかげで、

髪がサイドに膨らみやすい方、

髪質が堅い方、

天然パーマの方・・・

そんな人たちの悩みを解決するスタイルになっています。

 

男性で、ツーブロックを愛用される方は、

以上のような髪の悩みを持つ方が多いですね。

 

ただ、髪質を改善して、

美しい髪で素敵なヘアスタイルにチャレンジするのも

ありですよね。

 

くせ毛や、うねり、若白髪・・・

そんな悩みの原因と対策は、

コチラに詳しくまとめていますので、

参考にしてみてくださいね。

ツヤが無い、うねり、くせ毛、パサつき、薄毛、白髪・・・
↓↓髪の悩みの改善はコチラをクリック!↓↓
 

では、実際に見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク


 

お勧めツーブロック+前下りボブ10選+α

 


出典:blog.houle.jp

 

【すっきり前下がりボブ】

一目見ただけでは、ツーブロックに思えない、

前下りボブですね。

 

襟足は刈り上げにならない程度にカットし、

かぶせる感じで仕上げています。

 

耳かけアレンジにした場合、

さりげなく見えるサイドの刈り上げがカワイイですね。

 

サイドが広がりやすい方は、耳出しをしなければ、

伸びてきてもまとまりやすいスタイルになります。

 

短めの前髪も可愛いスタイルです。

 

 


出典:blog.livedoor.jp

 

【無造作+ショートレイヤーの前下りボブ】

 

少しワイルドで無造作ヘアーがカワイイですね。

 

ボーイッシュなスタイルを普段着る方にはお勧めです。

 

毛先にシャギーを入れていますので、

刈り上げ部分が見え隠れするのがポイント。

 

黒髪、ダーク系でも似合いますね

 

 

ツーブロック03
出典:www.hairmag.jp

 

モード系クールスタイル。

 

長めの前髪にブルー系のグラデーションをかけています。

 

長めの前髪とサイドの刈り上げ部分のコントラストが、

メリハリがあってまとまっています。

 

前髪が重いと感じる方は、

今流行の、短めのサイドバングでアシメにしてみても

良いですね。

 

明るめのカラーリングも似合います。

 


出典:CIRCUS by BEAUTRIUM

 

 

【マニッシュ2ブロック】

フェミニンなメンズツーブロックとさほど変わらないタイプの

ツーブロックスタイルです。

 

もみあげ耳周りは、すっきりと刈り上げ、

襟足は、少し長めに刈り上げています。

 

黒髪、ベリーショートに近い髪型は、

ボーイッシュ、マニッシュな雰囲気が強すぎると考える方は、

少し明るめなカラーリングにしてみても良いですね。

 

 

まだまだ続きます!

続きはこちら!!

⇒前下がりショートボブ、刈り上げ女子にお勧めツーブロック10選その2

 

 

スポンサーリンク





 

関連記事

 

ツヤが無い、うねり、くせ毛、パサつき、薄毛、白髪・・・
↓↓髪の悩みの改善はコチラをクリック!↓↓
 

【前下りショートボブ】

⇒刈り上げ女子にお勧めツーブロック10選その2

⇒にお勧めのパーマスタイル10選

⇒刈り上げ女子にお勧めツーブロック10選

⇒耳かけがカワイイ髪型10選

⇒ 前髪なしで大人っぽい魅力アップしよう!

⇒黒髪のおすすめヘアスタイル!!

⇒前下がりショートボブはアレンジの利くストレートがお勧め!!

⇒おすすめ!前下りショートボブ特集!!

⇒厳選!くせ毛対策特集!!

⇒目次はこちら!!

 

 

             

コメントを残す